能率協会の神対応。能率手帳がよみがえった。

能率手帳 普及版 破れた その1

先日「能率手帳が破れた」でご紹介した僕の能率手帳普及版。残りの2010年の3ヶ月間、この破れた能率手帳を使い続けるのかどうか悩んだあげく、能率手帳の販売元である日本能率協会マネジメントセンターにメールで問い合わせておりました。

問い合わせたのは、

「破れた手帳の状況を文章で説明」
「手帳自体にはとても愛着があること」
「こういった手帳に保証はあるのかどうか?」
「能率手帳普及版の2010年度版の在庫はあるのか?」
「在庫がある場合はどこで買えるのか?」

という内容。すると翌日、すぐに電話がかかってきました。

それは、日本能率協会マネジメントセンターの神対応の電話でした。

スポンサーリンク

電話先の担当の方は非常に丁寧な話し方の男性でした。
現在の破れた能率手帳の状況を詳しく説明すると、すぐに代わりの能率手帳普及版(新品)を送るとのこと。

これで2010年残りの3ヶ月は大丈夫、「能率手帳の流儀」の著者である野口晴巳氏のように1年で2冊を使いこなすような使い方を真似してみようかなぁと思ったりして、僕の中では大満足の結果でした。

しかし、さらに男性の口から思いもよらぬ言葉が。

これまで9ヶ月ほど使って頂いて、今の時期から新しい手帳というのも申し訳ありませんので、破れた箇所が見えないように、カバーをお送りします。

おぉぉぉ。これぞまさに神対応(サポートに寄せられたお悩みや修理依頼に対しての過剰とも言える対応)!まさか手帳という安価な品物を通じて神対応を経験することになるとは思っても見ませんでした。

思いもよらぬ言葉に感激し、こちらも電話先の男性に負けないくらいの丁寧な口調で感謝の言葉を言って電話を切りました。

数日後に送られてきたものは以下の通り。

能率手帳の神対応 一式
▲送られてきた新品の能率手帳普及版2010年版とカバー。
A4に書かれたお詫びの文面も非常に丁寧でした。

能率手帳の神対応 カバー外側
▲カバー外側。素材は普及版と同じ塩ビでした。

能率手帳の神対応 カバー内側
▲カバーの内側 能率手帳の表紙・背表紙をセットするようになってます。

能率手帳の神対応 カバーを付けた能率手帳
▲左がカバーをつけた破れていた能率手帳。カバーの分だけちょっと厚くなった。

写真を見てお分かりだと思いますが、専用のカバーではないため年号も付いていません。まぁ個人的には気分転換できていい感じです。破れた箇所も隠れましたし。

思いもよらぬ能率協会の対応に、ちょっと感動してしまいました。
こんな気持ちの良い対応されたら、リピーターがスピーカーになっちゃいそうです♪

対応して頂いた(株)日本能率協会マネジメントセンター BT開発・制作本部 制作部の方々に、この場を借りて感謝申しあげます。ありがとうございました。

また来年も能率手帳買いますね〜♪ 今度はゴールドにしますっ!

能率手帳(NOLTY)を探す→ Amazon楽天市場

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。