新製品発表時は前モデルを狙え!リコーのコンデジ「CX4」発売で前モデル「CX3」がお買い得

  • 更新:
  • 公開:2010.8.21
  • by
  • カテゴリ:リコー

秋のデジタルカメラ商戦突入。各社からデジタルカメラ新機種の発表ラッシュが続いていますが、個人的には新モデルに飛びつく前に、価格が安くなっている前モデルを狙ってはどうかなって思ってます。

RICOH CX4

▲リコーからコンパクトデジタルカメラ「CX4」が発表されました。

スポンサーリンク

現在のコンデジはどれも高機能。前モデルも全然見劣りしない。

CX4は約1,000万画素の裏面照射型CMOSセンサーと、35mm判換算28-300mm相当、開放F3.5-5.6の10.7倍ズームレンズを前機種のCX3より継承しています。

手ぶれ補正の強化や、シーンモードに「夜景マルチショット」、被写体追尾のAFなど、いくつか新機能がありますが、コンデジの使い方って細かいことを気にせずにパチッと撮って終わりってパターンがほとんどなので、新機能はそんなに気にしていません。

現在のコンデジはどのメーカーも高機能。機能を見比べてみると、前モデル程度では全然見劣りしないんですよね、今のコンデジは。(コンデジに何を求めるかは個人で分かれるところですが、僕にとってはすぐ起動してある程度の絵が撮れればいいんです。)

購入タイミングは新製品発表から発売までの間

というわけで、価格が安くなっている前モデル(CX4のベースはCX3とほとんど変わらず)を狙ってみようかなって考え中。

デジタル一眼は「ニコンのD50」、コンデジは「リコーのGRD II」を使っているんですが(最新の使用機材についてはプロフィールページをご覧ください。)、GRD IIの方が結構壊れやすいんです。というのも、保証期間の1年以内に2回も光学レンズユニット交換という目に遭いまして、いつ壊れるか不安で仕方ありません...。

GRDの絵は非常に満足しているんですが、レンズ部分がどうも弱いんですよね。

今回は、CX3を例として書いていますが、これは基本的にどの製品にも当てはまります

購入を考えるタイミングは、この新製品発表ラッシュ時から発売までの期間、前モデルの在庫を取り扱い店舗が捌こうとする今が狙い目。

現に、楽天市場のショップでは価格コムの最安値に4GBのSDHCカードを付けて売っている店舗もありますしね。


欲しいものがあって前モデルでも満足できるなら、私なら迷うことなく全モデルを購入します。

皆さんはどうですか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。