日本より酷い?「貧困大陸アメリカ」クーリエ・ジャポン2010年3月号

  • 更新:
  • 公開:2010.2.19
  • by

クーリエ・ジャポン 2010年3月号

レビュープラス様より献本いただきました。ありがとうございます。

クーリエ・ジャポンはiPhoneアプリで概要を読んだことしかなかったんだけど、2010年2月号を初めて全部読んでみて、海外記事の豊富さに日経新聞や地方新聞と同じように情報収集のひとつとして読んでおいた方が良さそうだなと率直に思いました。

そしてこの2010年3月号。

スポンサーリンク

特集記事は『オバマ大統領就任から1年「貧困大国」の真実』。

これを読む前に頭の片隅にあったアメリカへの憧れが、読み進むにつれてどんどん嫌悪感へと変わっていくのが分かった。

「自由の国アメリカ」「アメリカンドリーム」なんて言葉は、もう使わない方がいい。


フードスタンプの受給者が過去最高に達し、失業率も10%前後で推移、医療制度の崩壊、国から見捨てられた医療難民、授業料高騰による大学教育崩壊、貧困層を死ぬまで搾取する保護観察ビジネス、などなど、どの内容を見ても「アメリカには住みたくない」と思ってしまうものばかり。


特に衝撃的だったのが医療制度の崩壊。

医療費が対GDP日で7分の1以上を占めるアメリカ。

日本のような国民皆保険制度はなく、民間企業が医療保険市場を独占。既存の公的保険に入れない多くの人々は高額な民間保険に加入するか、無保険者になるしかない。


オバマ大統領の「医療改革」は、製薬・医療保険業界の猛反発により、ほぼ白紙状態に戻っているし。。。

「生きる権利さえも約束されていないアメリカ」という印象を受けた。


クーリエジャポン最新号を探す

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。