Windows 7 堅調に増加中 ネット利用シェア3%を突破

「Windows 7」のネット利用シェア、3%を突破--Net Applications調査という記事より。(追記:リンク切れ)

Net Applicationsによると、米国時間10月31日と11月1日の2日間にウェブにアクセスしたPCの3%以上が新OSのWindows 7を使用していたという。Windows 7は公式リリース前にすでに世界全体のウェブトラフィックの2%を占めていたが、同OSの使用は過去数日で堅調に増加している。

当サイトの11月1〜4日のアクセス解析を見てみると・・・。

スポンサーリンク

全体のうち、Macintoshiが約60%、Windowsが約37%、その他はモバイル端末となっており、そのうちのWindowsの内訳は以下の通りになりました。

2009年11月1〜4日のWindowsアクセス数

Windows7は、まだ確認できず。(それともGoogle Analyticsでまだ検出できない??)

それにしても、XP人気は依然として強いですねぇ。
当サイトに限っていえば、Windowsユーザーのうち66%はXPを利用されています。Vistaはその半分にも満たない25%。

XPから評判の良いWindows 7にはアップグレードできないので、Windows 7に乗り換えの方は以下のエントリーを参考にしてみてくださいね。

▼関連エントリー

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。