新型iMac(27・21.5インチモデル)に深刻なハードウェア問題か?

「新型iMacでユーザーが深刻なパフォーマンス問題に直面 : Appleウォッチ - Computerworld.jp」という記事より。(追記:リンク切れ)

米国Appleの新型iMac(高価な27インチ・モデルを含む)を購入したユーザーの一部が同社のサポート・フォーラムで、Flash動画の再生が極端に遅いなど、深刻なパフォーマンスの問題を報告している。  「YouTubeの動画がどれも途切れ途切れにしか再生されず、異音もする。そこでアクティビティモニタを確認すると、Flash PlayerのCPU使用率が数秒ごとに105%に跳ね上がっている」と、"Subcide"と名乗るユーザーは先々週、このパフォーマンス問題に関する2つのスレッドのうち、1つを立ち上げた際の投稿で述べた。
スポンサーリンク

iMacのモデル名は Late 2009 です。

Flash動画がどうやら原因のようですね。


まだ箱から出したままの状態でも同様の症状が発生しているとの投稿もあります。

FlashだけでなくiPhotoのスライドショーやゲームでもパフォーマンスが悪くなる症状が見られるようです。

問題に直面した投稿者の間では、おそらくハードウェアのバグじゃないかという結論に行き着いているようですが、Appleはこの問題についてのコメントは控えているとのこと。

▼アップルサポート 該当スレッド
Apple - Support - Discussions - Flash video causing 105% CPU usage ...(追記:リンク切れ)

別の症状ですが、うちのiMac24インチは、スリープの復帰によく失敗するんですが、これもどうにかして欲しいものです。

アップデータ、よろしくお願いしますっ!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。