iMacのモニタが明るすぎる問題はShadesで解決

cap_shades02.gif

iMacを購入してまず最初に設定したのがディスプレイの輝度設定。

しばらく使っていると、画面が明るすぎて目がチカチカ。すぐにシステム環境設定のディスプレイの輝度を一番暗くしてみました。

スポンサーリンク

それでもしばらく使っているとまだ目に負担がかかっている感じがしたので、Shadesというフリーのユーティリティソフトをインストール。

これで、自分の好きな明るさにモニタを設定することができるようになります。

システム環境設定のその他の所にアイコンが追加されるので、細かな設定はここで。

Shades
サングラスのアイコンがShades。

モニタ上部のメニューで設定したかったので、「Menu Control」を設定してます。

アイコンはサングラスと、キーボードにある輝度アイコンの2種類から選べます。

常駐ソフトなので、はじめに設定しておけばOK。あとは、たまにDVDなどの映像を見るときにメニューから調整するぐらいですかね。


私の場合、このShadesで目への負担は激減しましたが、なかにはこのグレアのモニタが合わない方もいらっしゃると思いますので、その場合はアンチグレアムフィルムを貼るといいかもしれません。

アンインストールするには、システム環境設定の「Shades」をcontrolキーを押しながらクリックして削除すれば、Preferencesフォルダから削除されます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。