能率手帳ゴールドが到着!ヤンピーは手触り最高!手に吸い付くぞ!

  • 更新:
  • 公開:2008.11. 3
  • by
  • カテゴリ:手帳・ノート

能率手帳ゴールド 箱の写真

先週、ネットで注文していた2009年版 能率手帳ゴールドが到着!梱包材を開けて赤い箱に入った能率手帳ゴールドを手にとり、ヤンピー(羊皮)の肌触りをチェック。

スポンサーリンク

ヤンピーとはインド産の羊皮のことで、しなやかで傷が付きにくく、その感触は能率手帳の流儀に書いてあるとおり、手のひらに吸い付くという感じでした。すごくいい感じ♪使い込むほどに手に馴染んでくるそうです。

実はゴールドを注文する前に、近所の文房具屋でゴールドと同じ中身の普及版をしっかりとチェックしていたものの、ヤンピーの革だけはどういう感じかがイマイチ分からなかったので、気になっていました。でも実際触ってみて納得。高いだけありますね。

能率手帳ゴールド 箱を開けた写真

箱を開けると紙にくるまれた能率手帳ゴールドと能率手帳ゴールドの説明が書かれた小リーフが入ってました。


能率手帳ゴールド 内包物一式の写真

内包物一式。手帳本体と予備のメモ帳2冊・説明リーフ・使用上の注意。本体の後ろには、取り外しが出来るアドレス帳が付属。


能率手帳ゴールド 大きさ比較 上からの写真

これまで使っていたほぼ日手帳クオバディスとのサイズ比較。一番下がクオバディス、真ん中がほぼ日手帳です。いままで使ってきた手帳で最も小さいサイズ。その分コンパクトで携帯性が高いので、常に持ち歩くつもりです。


能率手帳ゴールド 大きさ比較 横からの写真

上記画像を横からみたもの。大きさ、薄さ共に一番小さいですね。それにしても、能率手帳ゴールドの小口(側面)の輝き具合がすごいですね。これ、24金の金箔を貼ってあるそうです!アルミ金などとは違い、乱反射せず、上品な光沢を放つのが特長。
小口は毎日使っていると薄汚れてくるため、普及版でもページの3方の側面を磨き、滑らかにして独特の光沢が出るような処理がしてあるんですが、能率手帳ゴールドではさらに上品で高級感を出すために金箔を貼ってあるそうです。う〜ん、いい感じ♪

この能率手帳ゴールドは、2008年12月15日から始まってますので、しばらくはまだ箱に入れておきます。楽しみっ!!

能率手帳ゴールドを探す→ Amazon楽天市場

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。