MacでYouTubeをダウンロード【その2】フリーソフト『Tooble』を使う方法

かなり前にエントリーした【Mac OS X でYouTubeをダウンロードしてmp4に変換する方法【その1】】の続編です。

以前はちょっと一手間かかってましたが、『Tooble』というフリーソフトのおかげで「ダウンロード」→「変換」→「iTunesに登録」というすべての作業を自動でやってくれます。

使い方は以下の通り。

スポンサーリンク

Toobleの使い方

  1. まず、Toobleをダウンロード。

  2. Toobleを起動すると、以下のウィンドウが立ち上がります。 toobleの画面キャプチャ

    PerianというQuickTimeのコンポーネント(これさえ入れておけばだいたいのコーデックがQuickTime Playerで再生できます。超便利!)をダウンロードするか表示されるので、そのままreturnキーを押してPerianをダウンロード(※これをインストールしないとiPod用に変換できません)。

    Perianインストールが終われば、あとはひたすらダウンロードするだけです。

  3. 以下の画面が表示されるので、各動画一覧から見たい動画のチェックボックスをチェックし、右下の「Download」をクリックすれば、iTunesへの登録までやってくれます。
    ※iTunesへの登録は、ToobleのPreferencesの「Import videos to iTunes」をチェックして下さい。
    tooble動画一覧画面キャプチャ

    ダウンロードしたい動画のURLが分かっていれば、左上の「Enter a URL」をクリックして、URLを入力すればダウンロードが始まります。

ダウンロードしたファイルは、「ムービー」フォルダに保存されます。iTunesへの登録を初期設定でチェックした場合は、iTunesフォルダにもコピーされるので、「ムービー」フォルダのファイルは削除した方がハードディスクの節約になりますね。


関連エントリー
MacでYouTubeをダウンロードする方法まとめ

スポンサーリンク
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加