タバコを吸いたいと思わなくなった理由 「禁煙セラピー」を読んで禁煙8日目

  • 更新:
  • 公開:2007.3. 8
  • by
  • カテゴリ:禁煙

ashtray.jpg

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピーを読み終えた先月の2月28日。

その日以来、いつも満杯になっていた灰皿には、たばこの吸い殻が一本もなし!もうこれからは、灰皿を使うこともないだろうなぁと、思えるようになってきました。

スポンサーリンク

以前挑戦した禁煙では、9日目にして我慢できず吸ってしまいました

が、今回はほとんど「吸いたい!」と思うことがないんです。最初の2、3日目は、食事の後や仕事が一段落した時に、これまでの習慣のために何度かタバコを吸いたいなと思うことがありましたが、7日目を過ぎたあたりからほとんど思わなくなってます。

というのも、禁煙セラピーに書いてあった方法がかなり効いているからだと思います。

タバコを吸いたいと思わなくなった理由

その方法とは、「タバコを吸いたいと思ったときには、別の考え方に置き換える」ということです。

「タバコを吸いたい!」ではなく「もうタバコを吸わなくてもいいんだ」「喫煙場所を探してうろうろしなくてもいいんだ」「食事の時も同席した人にタバコを吸ってもいいか尋ねなくてもいいんだ」などなど。

喫煙することで生じていたマイナス面を考える方法です。

禁煙セラピーを読むことで喫煙に対する考え方が180度変わりました。

ニコチンガムや禁煙パイポなどいろいろと禁煙グッズが出回っていますが、そんなものに大金を使うより、この本を一度立ち読みしてみることをおすすめします。本気でタバコをやめたい方は是非!

あと効果的なのは、この本を手元にいつも置いておいて、「タバコを吸いたいっ!」と思ったら、ページをささっとめくること。

このやり方、おすすめですよっ!

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。