象印の真空内釜圧力IH炊飯ジャー「極め炊き」を購入

np-ht10

購入した象印の真空内釜圧力IH炊飯ジャーを物撮り。

これまで使っていた炊飯ジャーは、もう既に10年戦士。

スポンサーリンク

嫁が一人暮らししていたときのもので、3号炊きのコンパクトなもの。最近、ふたを開けると内蓋がそのまま残っていたりと、不具合がいくつかあったんですが、今日の朝、とうとう致命的な症状に。

いつも通りにご飯を炊いてみると、ご飯がべちゃべちゃ。しかも芯が残ってる。こりゃイカンということで、早速炊飯ジャーを購入しました。

価格コムにて評判の良いものをいくつかピックアップ。

その中で見た目の良さと、手ごろな価格ということで象印の真空内釜圧力IH炊飯ジャー「極め炊き」NP-HT10を購入しました。それにしても最近の炊飯ジャーはスゴイ機能が付いてますね。

名前にある真空内釜圧力IHって何なんでしょうか。

真空かまど釜・・・ おいしいごはんを炊き上げるのに重要なα化には、たっぷりの熱が必要です。真空かまど釜は側面をまほうびんのように真空にすることで、高い蓄熱効果を実現。さらに、厚釜以上の加熱効率の良さがプラスされ、熱をお米に素早く伝えます。おいしさを極めたら、やっぱり真空釜です。


3段圧力・・・
圧力をかけることで釜内の温度がより高くなり、お米にきめ細かいでんぷん膜をつくります。そのため、粘り・甘味がたっぷりのおいしいご飯を炊きあげることができます。しかも3段階に圧力がえらべ、お好みのおいしさにピタッ。
1気圧 100℃ しゃっきり
1.15気圧 104℃ うまさの基準
1.2気圧 105℃ もちもち


IH(Induction Heating)・・・
IHとは「電磁誘導加熱」の事で、IHコイルに電流が流れるとコイルの回りに磁界が発生します。発生した磁界により、内釜にうず電流が流れ、その電気抵抗によって内釜自体が発熱するしくみです。内釜自体が発熱するので、熱効率がよく、内釜全体が均一に温められるので、炊きむらもなく、強い火力でおいしく炊き上げます。

ほぉ〜、なんかかなり凄そうです。

明日、早速炊きたてのご飯を食べてみます。もちろん「もちもち」で。

最近の炊飯ジャーにはリチウム電池が内蔵されてるんですね。箱から取り出したら、液晶部分に時間表示があり、コンセントを挿していないのに動いていたのでビックリしました。

象印 炊飯ジャー を探す → Amazon楽天市場

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ブログの最新記事をRSSで配信中です。登録はこちらからお願いします。