コンデジのIXY50を使って、デジタル一眼レフD50の良さを再認識

  • 更新:
  • 公開:2006.2. 7
  • by
  • カテゴリ:カメラ

candle.jpg

結婚式に行ってきた。

はじめは、デジタル一眼レフのD50を持って行こうかなぁ、なんて思ってたんだけど...。

スポンサーリンク

さすがに本気モードでもなかったので、キャノンのIXY50を持って行きました。

撮影で呼ばれたわけではなく、お客様として呼ばれたわけで、デジタル一眼レフだと、2次会・3次会の時に荷物になるのと、なんとなく気恥ずかしいので持って行くのヤメタ。

久しぶりにコンデジのIXY50触ってみたけど、これはこれで結構ありだなぁなんて思いましたが...。


でもね、さすがにちょっと暗いところになるとフラッシュがおそくて、シャッターチャンス逃すことが多かった。

やっぱD50の小気味いい操作感とは比べちゃダメですね。

コンデジとデジタル一眼レフじゃ、得意分野が全く違う。

コンデジはその名のとおり、デジタルカメラをコンパクトにしたもの。いつでもどこでもかさばることなくポケットにスポット入るカメラで、気軽にスナップなんかの撮影が可能。レリーズタイムラグが遅くてイライラする。

デジタル一眼レフはもう本気でガッツリいい写真撮るぞ!っていう人向け。レリーズタイムラグも少ないので、小気味よくシャッターを切ることができる。レンズを変えれば様々な写真を撮ることができるし、スポーツ観戦などの動きが早い被写体にも対応でき、腕を磨けばどんなものも撮れちゃうっていう代物。


それにしても、CannonのIXYって人気高いねぇ。

古いのから新しいものまで、周りを見渡すと5割ぐらいはIXY使ってた。

さすがにデジタル一眼レフは誰1人使ってなかったな...。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。