SEO キーワードの選び方に悩む

  • 更新:
  • 公開:2005.10.18
  • by
  • カテゴリ:SEO

SEOで大事なのが、キーワードの選定。

通常、Webサイトを制作するときは、その業種・商品にちなんだキーワードを選べばいいので、そこまで悩むことはないんですよね。

でも、自分のブログであるこのSKEG*logは「サイトの方向性がいまいち固まりきらない=ターゲットを絞り込めてない」ので、SEO対策では非常に"やりにくい"サイトな訳です。

スポンサーリンク

昨日のエントリーでも書いたけど、SKEGっていう単語がそもそも合っていないのです。。。(skegは、サーフボードについているフィンのことで、ボードの推進力・旋回性などを決める重要なものです。それを人生に置き換えて、自分の方向性を決める舵取りみたいな存在に出来たらと思って使ったんですが、検索エンジンがそんなとこまで考えるわけもなく...)

そんな"やりにくい"サイトをどれだけSEO対策で、検索エンジンの上位に持って行けるのか、昨日からやり始めたんですが多少は、その効果があったみたいですよ。

昨日の対策をするまでは、「SKEG」をGoogleで検索した場合、検索結果で2番目に表示されていました。

「初心者SEO対策ツール」でのSKEGのポイント数は22.50。それが昨日の対策後1日目で、「SKEG」の検索結果が8ページ目にランクダウン。現在のSKEGのポイントは3.29まで落ちているので、Su-Jineさんのツールの信頼性が高いことを証明しています(Googleのみで検証したので、他の検索エンジンでは不明)。


「SKEG」というキーワードで検索する人は、まず日本の方ではほとんどいないと思いますし、ホントにサーフィン関係の記事を期待してこのサイトに来られた人には申し訳ないなぁと思っていましたので、やって良かったですね。

また、SKEGというキーワードのポイントが下がった代わりに、その他のページ内のキーワードのポイントが少し上がりました。そのおかげかどうか分かりませんが、検索エンジンからのアクセスキーワード数が1.3倍ほどに増えています。

まだ1日しか経っていないのですが、ちょっとは効果があったのかな?と感じています。


ただまぁ、いくらSEO対策をしたところでSKEG*logの中身が固まっていなければ、リピーターも増えないですし、もちろんページビューも増えないんですよね。メインの内容を決めないと、キーワード選びも的はずれなものになってしまいます。

というわけで、「Webディレクターの日常」というサブタイトルもありますので、これからのメインとしては、Web標準・SEO・Web関連ニュースなどに関わる内容をメインにやっていこうかなと思います。

でも、このWebっていうキーワード。GoogleでのWeb全体の検索結果が5,390,000,000 件、日本語の検索結果でも37,500,000 件ありやがります。すげーな。

→ SEO関連記事一覧

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている関連記事はこちら

このブログ「SKEG*log(スケッグログ)」を購読する

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう。
最新記事をお届けします。
● 最新記事をRSSで配信中です。feedlyへの登録はこちらからお願いします。